FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可触民・ダリットの風俗嬢と売春婦

16:26

インドには不可触民(ふかしょくみん)と呼ばれる人たちがいる。

彼らは、ヒンドゥー教にあるカースト制度の外側にある存在。
そして、インドのヒンドゥー教社会においてアチュート、
アンタッチャブル、アウトカーストもしくはアヴァルナと呼ばれ、
最も差別される人々です。

不可触民は自分たちをダリット(Dalit)と呼ぶ。
ダリットとは、インドの公用語であるサンスクリット語で
「困窮した人々」「抑圧されている人々」という意味を持つ。

ダリットの人間はインドで職を得るのは難しく、
売春婦や風俗嬢として働く少女や少年もいる。

日本出身の高層、佐々井秀嶺師は
カースト制度を否定している仏教をインドに広めて
不可触民の人々を救う活動をしている。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。