FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド警察とインドの風俗・売春業界の蜜月関係

14:30

建前上、インドでは一切の性風俗は違法です。
風俗も売春も禁止ということ。

それでも売春窟は依然として存在しているし、
インドのアダルト産業の市場規模は小さくなる気配もありません。

アメリカやヨーロッパなど外国人の
セックス観光客は耐えることを知りません。

もちろん日本人や韓国人や中国人や台湾人などの
東洋人男性もインド人美女とセックスをしたいがために
わざわざ飛行機に乗ってインドに入国しています。

なぜ、インドで売春セックスをしている
外国人旅行者や売春婦や娼婦は逮捕されないのでしょうか?

もちろん逮捕されています。
昨年もデリーで一斉検挙がなされて
インド人の売春婦やネパールなどから出稼ぎか
人身売買でやってきた外国人売春婦が400人ほど
逮捕されたそうです。

しかし400人など氷山の一角です。
焼け石に水です。

日本の警察と風俗店やパチンコ業界との癒着のように
インドの警察官も風俗業界からお金をせしめているので、
決して根絶はさせないだろうと言われています。

つまり、一斉検挙はインド警察の一種のポーズという
見方がされているのです。

最近ではインドの風俗体験や売春宿をガイドした
雑誌や書籍やウェブサイトも存在しているらしく、
そこで「売春宿から出てきたら警察に話しかけられて
100ドル払えば逮捕しない」
と言われたというような
証言情報も目にします。

このようなウェブサイトの情報や腐りきった警察官は
インドの買春市場の温床になっています。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。