FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万人の売春婦が生きるソナガチとは?

17:13

インド東部の大都市コルカタには
世界最大級の売春街「ソナガチ」がある。

ソナガチには何百もの売春宿や風俗店が存在し、
約1万人の売春婦が働いているとされています。

ソナガチにはインド人女性の他にも、
近隣諸国から女性たちが遥々やってくる。

多いのはネパール人やバングラディッシュ人です。
ネパールやバングラディッシュはインド以上に
経済が弱い国です。

その為、ネパールから出稼ぎ、
もしくは身売りのような形でソナガチに
売春嬢としてやってくるのです。


このソナガチを舞台にした映画
「未来を写すこどもたち」は日本でも公開されました。

それだけ、問題視されているのですが、
今夜もソナガチの街灯は不気味に光っています。

日本人はインドの売春宿でも高いカーストとして扱われる

17:15

カースト制度が色濃く残っているインドにおいて
アウトカースト(ダリット)と呼ばれるカーストにすら
属さない人々は差別の対象になります。

したがって、売春窟や風俗店で働く女性や男性の多くは
アウトカースト(ダリット)なのです。

その考えでいくと、日本人旅行者もアウトカーストとして
差別の対象になりそうですよね。

しかし、外国人であっても日本のように豊かで国力が強い
国の人は高いカーストと同様に扱ってくれます。


日本にいると、日本の世界での立ち位置を認識できませんが
インドなど外国にいくと日本人と言うだけで一目置いてくれる
という経験を何度も体験することになります。

だからといって、インドの売春宿でインド人女性を
奴隷のような扱いをして非道なセックスを繰り返したり
お金にものを言わせて王様のような態度をとるのはやめましょう。

インドでの売春・風俗の本番セックスの相場価格は?

17:09

インドの売春宿や風俗店もピンキリです。

ホテルに併設されているような高級な風俗店から
貧困街にある売春置け屋まで様々です。

高級風俗店はホテル代込みで1万円ほどで
本番セックスができる。それが相場です。

ホテルですから衛生面もよく、
女性の身なりも綺麗であるそうです。

女性が鉄格子の中から客を誘っているような
置け屋だと、最も安くて20ルピー(40円弱)
で女性と本番セックスが出来てしまうといいます。

20ルピーと言うのは現地の人の
お昼代みたいなものです。

日本の感覚で500円とかでしょうか。
そんな金額で身体を売るというのは、
その女性が半ば奴隷のような扱いを受けている
ということです。

売春街の置け屋のセックス一回の相場は
100ルピーから300ルピーほどです。

日本円でいえば180円から540円ほど。

大抵の場合は外国人価格として、その倍ちかい
金額を提示されますが、彼らの生きる知恵なのです。

インドの首都ニューデリーの風俗・売春宿の事情

11:42

インドで売春宿を見つけるのは難しくありません。

首都ニューデリーなど高層ビルが立ち並び
目覚ましいスピードで近代化が進んでいます。

しかし、ニューデリーの郊外に行けば
すぐに貧困街があるのです。

貧困街には風俗店というか売春宿が
沢山あります。

まだ十代の少女が外国人旅行者などに
体を売って生計を立てているのです。

インドの少女売春は国際的にも有名になっているため
世界中からインドで少女とセックスをするために
やってくる外国人が後を絶たないそうです。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。